WORKS
HOME > WORKS > 建築事例1

建築設計事例

CASE #1 建築事例1

中高層住宅地のなかで、いかに陽光を取り込むかを最優先に設計した
住宅事例をご紹介します。

構造: 木造2階建て
敷地面積: 147.81m2(44.71坪)
設計: 矢ヶ崎総合計画
施工: 小野寺工務店

外観

■ 外観
南東側の照射面積を大きくするため、片流れ(傾斜)屋根にして、採光量の向上を実現。

外壁

■ 外壁
ガルバリウム鋼板に耐候塗料を施した外壁。縦方向のリブ(すじ)が、シャープな印象を生み出します。

ベランダ

■ ベランダ
外壁の色に映え、ぬくもりを感じるデッキは、耐久性にすぐれたレッドシダー製。

屋根

■ 屋根
外壁と統一された屋根には、効率的な採光を考え、トップライト(天窓)を設置。

内観

■ 内観
安全と快適性を考え、内装用の部材・塗料・接着剤には、耐シックハウス性のものを使用。

リビング

■ リビング
デッキを支える傾斜のついた根太(ねだ)を1階天井から露出させ、ユニークな空間を演出。

廊下

■ 廊下
廊下は通常よりも広く設計。床材にはコルクタイルを採用し、質感を高めました。

天井

■ 天井
大きく取った南東側の壁にハイサイドライト(高窓)を設置。採光とともに室温の調整にも一役。

収納

■ 収納
オーナー様のご要望どおり、空間の広さを確保しながら、多くの収納スペースを設置しました。